特集:恩塚コーチの真髄に迫る

公開:2020/10/30

更新:2020/11/20

バスケットボール女子日本代表のアシスタントコーチを兼任しながらも、インカレ3連覇を達成した東京医療保健大学の恩塚亨監督。その指導力、分析力は、カテゴリを問わず多くの指導者から称賛されています。

深い知識と経験を元にした引き出しの多さに加え「わかりやすい」ことにも定評のある恩塚コーチの指導。

身につけたスキルを最大限発揮させる、その根底にある考え方とは?

恩塚コーチへのインタビューとともに、実際に指導を受けた選手たちにもインタビューし、その指導に迫ります!


Contents

▶︎恩塚亨コーチ 独占インタビュー

バスケットボールで人生を豊かに

今、最も注目される指導者の一人、恩塚亨氏の”軸”に迫るインタビューを、3回に分けてお届け。

初回は、指導者を目指した理由、そして指導者になってから現在に至るまでの考え方の変化など。第2回は恩塚コーチが今最も重視している「マインドづくり」について、第3回は日本のバスケ界の未来についてお聞きしました。また、実際に指導を受けている選手のインタビューも合わせてご紹介しています。

>>>インタビューvol.1を読む

>>>インタビューvol.2を読む

>>> インタビューvol.3を読む


▶︎恩塚亨「Dribble Drive Skills & Drills」

新作が出るたびに大変な反響をいただく恩塚コーチの指導映像。このたび、2018年のジャパンライム・バスケDVD売上枚数第1位の『1on1スキル&ドリル』を更に発展させた

『恩塚亨「Dribble Drive Skills & Drills」』

が11/12発売開始!!

>>>この商品内容をサンプル動画を交え紹介中!


恩塚コーチの指導はどこか凄いのか。

恩塚コーチの指導映像を日々の指導に活用しているという中学校バスケ指導者の方に、その指導の魅力と凄さ、さらには映像の活用方法についてお聞きしました!

>>> 映像視聴者が語る恩塚コーチの魅力を読む

最新映像の期間限定特典としても情報を公開している、来年1月に開催予定の恩塚コーチのセミナー情報なども順次掲載予定です。お楽しみに!


恩塚 亨 Toru Onzuka

1979年、大分県出身。バスケットボール女子日本代表アシスタントコーチ、東京医療保健大学女子バスケットボール部ヘッドコーチ、東京医療保健大学准教授。2006年、東京医療保健大に女子バスケットボール部を創設し、並行してアナリスト、テクニカルスタッフとして日本代表チームに関わる。その高い分析力と指導力を生かし、2017年、創部12年目にしてリーグ戦&インカレともに初優勝。その後、インカレ3連覇を達成した。


>>> 前々回の特集「データ分析」の記事も読む

>>> 前回の特集「トレーニング・コンディショニング」の記事も読む

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!